紐でわき汗を止める方法~どこを結ぶと上半身の汗が引く?~

1本の紐でわき汗を止められる?

「脇から下に紐を通し、結ぶだけで胸から上の汗が出ない」と言われていますが、どのような原理なのでしょうか?

今回は、紐1本でわき汗を止める方法について、詳しく見ていきたいと思います。

伝統芸能・舞妓さんの知恵

舞妓さん 汗 帯舞妓さんがあれだけ化粧をしていても、夏でも化粧が崩れない理由は、胸の周りでさらしをまいているからだそうです。

この原理ですが、人間の体には「圧迫されている側は汗が減って、反対側の汗が増える」という性質があります。このため、上半身を紐で縛って圧迫すると顔やワキの汗の量を減らすことができるのです。(そのかわり、下半身の汗の量は増えます。)

だから着物は、上半身をきつく結び、足元がひらひらして風通しが良くなっているんですね。

ムダ汗防止バンド「汗止め帯」

汗止めたいこの舞妓さんの知恵からヒントを得て作られた「汗止め帯」が商品化されています。

この「汗止め帯」は、“引き締め”に加え“ツボ押し”によって汗を抑える方法も取り入れていて、顔やワキの汗を抑える効果をさらに強めています。

女性だけでなく、男性にも人気の商品です。

脇汗の原因を知り解消しよう!

今回は、脇汗とめる紐の使い方ついてお話してきましたが、いかがでしたか?

脇汗の原因については、「脇汗の原因とは?」に詳しくまとめているので、ぜひ合わせてお読みください。

脇汗の原因を知り、根本的な解決を目指しましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ