生理前に脇汗が増える?

脇汗が増えるのは生理が原因?

「生理前には脇汗が増えてしまう…」と悩んでいる女性の方は、意外と多くいらっしゃいます。

「自分だけかも…」となかなか相談できない悩みですが、実は生理前には脇汗が増えてしまう原因がいくつかあるのです。

そこで今回は、生理前に脇汗が増える原因について詳しくまとめていきます。

原因1.ホルモンバランスの乱れ

生理前に脇汗の量が増える原因は、生理が近づくと女性ホルモンの1つである黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの量が増えるからです。

このホルモンが優位に働くと体温が上昇するため、脇汗をかきやすくなったり肌荒れが起きたりします。

女性ホルモンによって汗の量が増える時期は、生理前の他にも妊娠中や更年期があります。妊娠中は、生理前にも増加するプロゲステロンも増加するため、汗をかくようになります。

原因2.嗅覚が敏感になるため

「原因1」で生理前に脇汗の量が増えたり、臭いが強くなると感じるのは、女性ホルモンの影響で汗の分泌量が増えているとお話ししましたが、ホルモンの影響を受けた嗅覚が、いつもより敏感に感じ取ってしまっているだけという可能性もあります。

生理前は、嗅覚や触覚が敏感になるので、実際に脇汗の臭いは変わっていなくても、臭いが強まっていると感じることがあるのです。

原因3.ほてりやのぼせによる汗

生理の影響で、ほてりやのぼせが起こり、脇汗を多くかくことも原因の1つとして考えられます。
この原因による汗は、アポクリン腺とは違う場所から出る体温調節をメインとする汗の可能性が高いと言われていて、ほとんど無臭と言われています。

なので、生理中いつもより多く汗をかいても、臭いが強くなるということは少ないです。

まとめ

今回は、生理による脇汗の増加の原因についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この他の脇汗の原因についても別の記事にまとめているので、「脇汗の原因 まとめ」もあわせて読んでみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ