冬のワキ汗は夏より臭う!?~原因と対策~

ワキ汗対策は、夏も冬も必要!

暑い日の続く夏はもちろんですが、冬でもワキ汗対策に関しては油断できません。冬は、外と室内の気温差が激しく、室内に入ったときに汗が一気に噴き出すことがあります。

また、冬になると体温をあげるために基礎代謝が高くなり、ちょっと動いただけでも汗が出やすくなっているのです。冬でも室内が暑く、ワキの汗染みやニオイが気になって会話に集中できない、ということもあるのではないでしょうか?

冬のワキ汗のニオイは夏よりも臭う!?

クサい「冬のワキ汗のニオイって、夏よりも臭うかも?」と、なんとなく思っていた方もいると思いますが、実際に冬の汗は夏よりも臭いやすい傾向にあります。

秋・冬にかく汗の方は夏よりも水分補給が少ないために濃縮されてニオイが強くなり、さらに厚着によって汗は蒸発する行き場がなくなり、雑菌・ニオイが増殖、よりニオイやすくなってしまうのです。

冬のワキ汗・ニオイ対策

1.通気性の良い服

前述のように、冬は厚着によって汗の臭いが増殖するので、冬のワキ汗臭対策としては、通気性のよい素材の服を着ることを心がけましょう。

また、暖房の強い部屋に入るときは、踊り場や廊下でまずオーバーを脱いで、いったん暖気に慣れてから暖かい部屋へはいると、急激な温度変化を避けることができ、比較的汗をかきにくくなります。

2.カロリーの少ない食事

teikarori冬は夏に比べ基礎代謝が高いので、実は汗をかきやすいというのはすでにお話ししました。

そこで、冬の汗対策としては、カロリーの少ない食事を心がけると良いでしょう。特に、タンパク質は糖質の5倍も熱になり汗をかきやすくするので、できるだけ控えるようにしましょう。

おすすめのワキ汗対策グッズ

おすすめのワキ汗対策グッズはこちらの記事にまとめたので、参考にしてください。

⇒「合コンやデートでワキ汗が気になる! 多汗症対策

サブコンテンツ

このページの先頭へ