手汗症の手術について

手汗症手術のメリット・デメリット

緊張した時や、気温の変化などによって、普通の人よりも多く手汗をかいてしまう症状を一般に手汗症(正式には「手掌多汗症」)と呼びます。

手汗症の主な原因は、交感神経が過敏になることで、緊張や不安が交感神経に伝わり体温調節機能に作用して多量の汗をかくというものです。

そのため、手汗症を改善するためには、交感神経の機能を断ち切ってしまうという手術が有効とされています。

手汗症の手術内容

手汗症の手術は、手のひらに行う手術と思われがちですが、実際には発汗異常の原因となる胸部の交感神経を切除するものです。

脇の下あたりに数ミリ程度の小さな穴を開けて、内視鏡を挿入して交感神経を断ち切るという比較的単純な手術です。

手術自体の時間も30分程度と短く、入院の必要もほとんどなく、また、手術後の傷痕もほとんど残らないため安心です。

手術の効果の個人差

手術は、交感神経を切除することで手汗症を大きく改善できる治療法ですが、個人差もあるため全てのケースにおいて症状が良くなるわけではありません。

また、手術の副作用として、背中や胸などの他の部分から多量の汗をかくようになることがあります。

実はこの症状は、手術を受けた人に高い割合で発症する副作用です。

手術以外の手汗症対策

手術を受けたら必ず副作用が起こるというわけではありませんが、この副作用の他にも、手術後に頭痛や喉の渇きを感じる人もいるため、手術を受ける前には十分理解しておく必要があります。

また、手術は金銭的な負担も大きいため、手術に踏み切る前に手汗症の対策グッズを試してみることもおすすめです。

手汗症の対策グッズなどについては、別の記事で紹介しているので、ぜひこちらも読んでみてください。

手汗症にお悩みの方へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ