手汗症を抑えるツボ

汗を抑えるツボを知っておきましょう!

手汗がどうしても止まらない…そんな時に、手の汗を抑えるツボを知っていると便利ですよね。

そこで今回は、手汗を抑えるツボを紹介していきます。

労宮(ろうきゅう)

手汗症の大きな原因の一つに「緊張」があります。その場合はリラックスすることで手汗を止めることができるので、労宮というツボを押してみましょう。

労宮は手のひらの中心にあり、ここを押すことで、気持ちを落ち着かせる効果があります。

深呼吸をしながら、5秒くらい押して、5秒離すのを繰り返してみてください。マッサージする感じで行っても気持ちいいですよ。

合谷(ごうこく)

合谷は、人差し指と親指の付け根の骨の間で、少し人差し指寄りにあるツボで、痛みを和らげたり、視力を回復したりと、万能のツボとも言われています。

汗の異常に対しても効果的で、身体の代謝異常を元に戻す働きがあり、手汗症にも効くのです。親指でゆっくり押してみましょう。

復溜(ふくりゅう)

この足のツボは、冷え性などにも効果がありますが、水分の代謝異常を整える働きもあります。

場所は、内くるぶしとアキレス腱の中央から、指の幅2本~3本分ほど上にあります。親指で揉むようにマッサージしてみてください。

手汗症対策グッズはコレ!

今回は、手汗症を抑えるツボを紹介してきましたが、いかがでしたか。

ツボによる改善方法の他にも、手汗症対策には対策グッズもおすすめです。対策グッズなどについては、別の記事で紹介しているので、ぜひこちらも読んでみてください。

手汗症にお悩みの方へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ