手汗が気になってデートで手をつなげない!

デートの時の汗の悩みを解決する方法

11555073_T3デートの時に「手汗が気になって手をつなげない」「汗で化粧が崩れる」など、汗が原因の悩みはたくさんありますよね。たとえ相手に打ち明けて「気にしないよ」と言われても、「実際にはどう思っているのだろうか?」と、不安はなかなか解消されません。

代表的な治療法として、病院での治療(手術)がありますが、手術には1回5~30万円お金がかかりますし、簡単には決断できないと思います。

そこで今回は、低コストでデートの時の汗の悩みを解決する方法を紹介したいと思います。

対策1 即効性のある「制汗パウダー」!

手汗を止める場合には、制汗剤を塗るのが一番楽で確実な方法です。

制汗剤の欠点としては、肌が弱い方は手が荒れてしまう可能性があるということですが、最近では肌への負担が少ない女性向けの制汗剤もあります。特に「ファリネ」という制汗パウダーは、天然素材を使用しているため、肌の弱い人にもおすすめです。

肌への負担を少なくするために、効果は2~3時間しか続かないかわりに、ファリネは外出先でも汗が気になった時に手軽に使えるので、特に困ることはないと思います。

また、容器も人に見られても制汗剤とは思われないような見た目で、女性が持ち運びやすいデザインになっているので、とても使いやすいです。

手の汗を止める方法としては一番簡単なので、まずは制汗剤を試してほしいと思います。

対策2 さらしを巻く

汗止めたい-262x300人間の体には「圧迫されている側は汗が減って、反対側の汗が増える」という性質があります。舞妓さんが夏でも化粧が崩れない理由は、この原理を利用して、胸の周りでさらしをまいているからだそうです。

なので、胸のあたりをさらしで巻いたり、紐で縛ったりすることで、上半身の汗は押さえることができます。そのかわり、その分の汗は下半身から出ることになるので注意してください。

おわりに

今回はデートでの汗対策について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

この2つの方法は、手軽にでき即効性もあるので、かなりおすすめです。

手汗にお悩みの方はぜひ試してみてください!

サブコンテンツ

このページの先頭へ