手汗症の段階ごとの症状

手汗症とは

暑い日や運動後などには、体温が上がって汗をかくのが当たり前です。

しかし、人によっては特に体が熱いわけでもないのに、汗をかいてしまい止まらなくなることや、緊張などによって服が濡れるほど大量の汗をかくことがあります。

普通の人よりも手に汗をかきやすい症状を「手汗症」と呼び(正式には「手掌多汗症」)、体温に関係なく体のいろんな部分から多量の汗をかいてしまいます。

実は悩みが深い「手汗症」

手汗症は、顔や脇の下から大量の汗がでる他の多汗症とは違い、目立つことや体臭の原因となることも少ないため、理解が得られにくい病気です。

しかし、実は手汗症は人に相談しにくいこともあり、不安や緊張で悩みを抱え込むことが多く、時には日常生活や社会生活に支障をきたす深刻な病気なのです。

手汗症の段階ごとの症状

手汗症の症状は、ほとんど気にならないような軽度なものから、日常生活に支障をきたす重度なものまで、個人差が大きく現れます。手汗症の症状によって三段階に分けて、それに合った治療を行うのが一般的です。

軽度の第一段階では、手のひらが湿る程度で、触らなければ他人に気付かれることはほとんどありませんが、手汗が気になって人と握手したり手をつなぐことができず、なやんでいる方もいらっしゃいます。

第二段階の症状は、常に手のひらが濡れていて、水滴ができやすいじょうたいです。

第三段階へと進むにつれて症状が重くなり、水滴が手のひらから滴り落ちてしまい、日常の生活に大きな支障をきたすことも多くなります。

手汗症対策にはコレ!

第一段階ならまだ我慢できるかもしれませんが、第二段階以上であれば、早急に対策が必要かと思います。

手汗症におすすめの対策グッズなどについては、別の記事で紹介しているので、ぜひこちらも読んでみてください。

手汗症にお悩みの方へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ