緊張した時の手汗症対策

緊張すると手に汗をかいてしまうのはなんで?

人にとって、「汗をかく」というのは、もともと備わっている身体機能です。緊張する時に出る手汗は、2種類の発汗作用から生じています。

原因1.温熱性発汗

人間は、体を正常に機能し続けるために、体温を一定に保つ必要があります。

病気をした時やスポーツをしている最中には体温が上がるため、この体温の上昇を和らげ、たり平熱に戻すために、汗を出すことで熱を発散します。

緊張をした時にも、体が火照ってしまうことがありますが、この時にも、体を冷やすために、汗をかき始めます。

原因2.精神性発汗

人は様々なシーンで、緊張したり興奮することがありますが、このように精神的な理由でかく汗を精神性発汗と呼びます。

他にも辛いものや熱いものを食べた時に汗をかく「味覚性発汗」と呼ばれるものもあります。これらの発汗作用は、もともと人間の体温調整機能から由来しているのです。

緊張した時の手汗症対策

緊張した時に手の汗の量が多すぎるという方や、最近、以前にもまして汗をかく量が多くなっている方は手汗症(手足多汗症)の可能性があります。

手汗症におすすめの対策グッズなどについては、別の記事で紹介しているので、ぜひそちらも読んでみてください。

手汗症にお悩みの方へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ