雨の日は汗をかきやすくなる!?

雨の日の発汗は個人差アリ?

雨の日に汗をかきやすいという人と、かきにくいという人がいますが、いったいどちらが正しく、どのような理由で雨が汗に影響しているのでしょうか?

今回は、雨の日に汗が出にくくなる理由、出やすくなる理由をそれぞれ説明していきます。一見すると矛盾しているようですが、両方の理由がわかれば納得できると思います。

雨の日に汗が出にくくなる理由

汗っかき気圧は自律神経に作用すると言われていて、気圧が高い(晴れ)の時には交感神経が反応しやすくなること、反対に気圧が低い(雨)の時には交感神経よりも副交感神経が優位になりやすいことがわかっています。

汗を多くかきやすい人は、交感神経が過敏に反応して汗をかく場合が多いので、気圧が低い状態である雨の日には、汗が軽減される方が多いようです。

また、単に雨で気温が下がり、汗で体温を下げる必要がないというのも理由の一つです。

雨の日に汗が出やすくなる理由

雨の日には汗をかきにくくなる方が多いですが、逆に、雨の日に汗が出やすいという場合もあります。

気圧が高いということは、人間の体に対して外から圧力がかかっているということです。つまり、晴れていて気圧が高い時は、体の外側からの圧力で汗が漏れにくくなるのです。逆に、気圧が低いと外からの圧力が減るので、汗がが外に漏れ出しやすくなります。

雨の日にジメジメすると感じるのは、湿気が高くなるからだけでなく、気圧が低いことから汗が出やすくなるという理由もあるのです。

熱中症の注意を

緊張 女性熱中症や夏バテ傾向がある方は、晴れている日よりも曇りや雨の日で気温が高い日に、汗が流れる事によって症状が悪化する事があります。

なので、曇りの日や雨の日だからといって、油断せずに熱中症対策をするようにしてください。

関連記事:「脇汗の原因とは?」

サブコンテンツ

このページの先頭へ