足の裏に汗をかく原因とは?

足の裏に汗を大量にかいてしまうのはどうして?

足汗を大量にかいてしまうと、友達の家に上がる時にベタベタで恥ずかしかったり、靴を脱いだ時にニオイが気になったりと大変ですよね。

足の裏に汗をかいてしまうのには様々な理由がありますが、それによって生まれつき足汗をかきやすかったり、体調や精神状態などで汗をかきやすかったりするのです。

今回は、それらの原因にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

足汗の原因

•肥満

肥満体型で皮下脂肪の厚い方は、脂肪が熱の発散を妨げるため、体温が上昇してしまい、足の裏にも汗をかきやすくなります。

このような場合は、肥満を解消するのが一番の方法です。運動する習慣を取り入れ、体を動かして意識的に汗をかくことは、汗の臭いを抑えるのにも効果的です。

また、足汗がべたつくという方は、動物性脂肪を多く取り過ぎていて、汗の臭いを強くしている可能性もあるので、食生活を見直すことで、足の汗の量や臭いの改善につながります。

•サイズの合わない靴を履く

サイズの合わない靴を履くと足が痛くなるのはご存知だと思いますが、サイズの合わない靴が足汗の原因になるというのはあまり知られていないと思います。

サイズが大きすぎる靴を履くと余計な摩擦がかかることで、足の温度が上がってしまいます。そのため、汗をかいて冷やそうとするのです。反対に、サイズの小さい靴を履いて歩くと、足にストレスがかかり発汗を促す原因になります。

実は、足の裏は手のひらと似た構造になっていて、緊張やストレスによって汗をかきやすい部位なのです。ですので、靴を選ぶ時にはピッタリあったものを探しましょう。

•緊張、不安

緊張で汗をかくという経験は、誰にでもあると思いますが、足の裏の汗にも精神状態が大きく影響します。

過度のストレスや緊張は、副腎皮質ホルモンやアドレナリンの放出を促し、皮脂の分泌が促されます。これによって汗が増え、足の臭いが強くなってしまいます。

人前で緊張しやすい人などは汗の量が増え、臭いも強くなってしまうのです。ストレス発散法を見つけ、気分をリフレッシュできると、汗の量を減らすだけなく、臭いの悩み解消にもつながります。

•食生活、飲酒が原因

日本人の食生活は、食の欧米化が進み近年大きく変わってきました。

その結果、生活習慣病・メタボ などの 現代病と呼ばれる モノが増えましたが、汗の量にも食生活が影響している場合があります。

例えば、アルコールや強い香辛料などは、汗腺を刺激し発汗を促すことになりますし、糖分や脂質の多い食べ物 なども、汗の臭いや体臭が強くなる原因とされています。

逆に、大豆製品やハーブなど、発汗を抑える食べ物もあるため、今まで気にしていなかった方は、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

汗を抑える食べ物

•ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、女性特有の足汗の原因です。何らかの原因で女性ホルモンの分泌が低下すると、自律神経が乱れ、暑さに関係なく大量に汗をかくことがあります。

このような場合の足の裏の汗を解決するには、ホルモンバランスの乱れを解消しなくてはなりません。ストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れてしまうケースが多いので、「ストレス解消の時間を作る」「バランスのよい食事をとる」など生活習慣を改善していきましょう。

また、更年期に入る前の若い女性でも、睡眠不足や食生活の乱れが原因でホルモンバランスが乱れると、同じような症状が起こってしまう場合もありますので気を付けてください。

足の裏の汗を止めるためには、何をすればいいのか?

今回は、足汗をかいてしまう様々な原因を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

足汗を止めるには、病院で薬をもらったり、手術するなどの方法がありますが、病院に何度も通う必要があり高額のため、あまりおすすめできません。

費用も少なく効果的な方法としては、足汗用の制汗スプレー「足サラ」がおすすめです。出かける前にシュッとかけるだけで、夏でも快適に過ごすことができます。

足の裏の汗にお悩みの方は、ぜひ使ってみてください。

足サラサラで靴を脱いでも大丈夫♪【足サラ】

足の裏 足汗 制汗スプレー

サブコンテンツ

このページの先頭へ