大量に顔汗をかいてしまう原因とは?

顔汗を大量にかいてしまうのはどうして?

顔汗を大量にかいてしまうと、髪がベトベトになってしまったり、メイクが崩れたりと大変ですよね。

顔に汗をかいてしまうのには様々な理由がありますが、それらの条件がいくつか重なると大量に顔汗をかいてしまうことになります。

今回は、それらの原因にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

顔汗の原因

•運動不足

顔にばかり汗をかいてしまう原因のひとつとして考えられるのが、運動不足です。

運動不足などで、体の熱が発生しない生活をしていると、心臓から離れた位置にある汗腺があまり活動しなくなり、顔ばかりに汗をかくようになってしまうのです。

なので、全身の汗腺が活性化するように、日頃から体を動かして体温を上げるようにしていると、顔にばかり汗をかくということが少なくなります。

•ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、女性特有の顔汗の原因です。何らかの原因で女性ホルモンの分泌が低下すると、自律神経が乱れ、暑さに関係なく大量に汗をかくことがあります。

このような場合で顔の汗を解決するには、ホルモンバランスの乱れを解消しなくてはなりません。ストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れてしまうケースが多いので、「ストレス解消の時間を作る」「バランスのよい食事をとる」など生活習慣を改善していきましょう。

また、更年期に入る前の若い女性でも、睡眠不足や食生活の乱れが原因でホルモンバランスが乱れると、同じような症状が起こってしまう場合もありますので気を付けてください。

•緊張、不安

緊張で汗をかくという経験は、誰にでもあると思いますが、顔の汗には精神状態が大きく影響します。

過度のストレスや緊張は、副腎皮質ホルモンやアドレナリンの放出を促し、皮脂の分泌が促されます。これによって汗が増え、臭いも強くなってしまいます。

人前で緊張しやすい方は、ストレス発散法を見つけ気分をリフレッシュできると、汗の量を減らすだけなく、臭いの悩み解消にもつながります。

•食生活・飲酒が原因

日本人の食生活は、食の欧米化が進み近年大きく変わってきました。

その結果、生活習慣病・メタボ などの 現代病と呼ばれる モノが増えましたが、汗の量にも食生活が影響している場合があります。

例えば、アルコールや強い香辛料などは、汗腺を刺激し発汗を促すことになりますし、糖分や脂質の多い食べ物 なども、汗の臭いや体臭が強くなる原因とされています。

逆に、大豆製品やハーブなど、発汗を抑える食べ物もあるため、今まで気にしていなかった方は、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

汗を抑える食べ物

顔汗を止めるためには、何をすればいいのか?

今回は、顔に汗をかいてしまう様々な原因を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

顔の汗を止めるために、手汗用の制汗剤で代用している方もいますが、顔の肌は敏感なので、あまりおすすめできません。

顔の汗対策には、肌への負担が少ない顔用の制汗ジェル「サラフェ」というものがありますので、顔汗にお悩みの方はぜひ使ってみてください。

顔汗 制汗ジェル

サブコンテンツ

このページの先頭へ